体の不調が起こる前に

不調が起こる前に矯正歯科

体の不調が起こる前に矯正歯科を

歯並びが悪いことで、さまざまな悪影響が出てきます。具体的には、かみ合わせ不良により歯や顎の一部に負担が掛かってしまい、よく噛み砕けないことで、消化器にも負担が掛かります。酷い人は、慢性的な体調不良を訴える場合もあります。また、ブラッシングしにくいことでむし歯や歯周病のリスクが高くなります。見た目も悪い為、矯正歯科により、適切な歯並びにするのが良いでしょう。歯科医師に相談することにより、最適な矯正歯科方法で治療を行うことができます。

歯列矯正の種類と特徴

歯列矯正は若いうちに済ませてしまうのが理想的ですが、成人してから治療を行うこともできます。最も有名な矯正法はブラケット矯正ですが、金属ワイヤーが目立つ矯正法なので、見た目が気になる人は別の方法を選ぶといいでしょう。目立たない歯列矯正法として挙げられるのが、マウスピース矯正と舌側ブラケット矯正です。マウスピース矯正は透明なマウスピースを用いる方法で、舌側ブラケット矯正はブラケットを歯の裏側に装着する方法です。

↑PAGE TOP