矯正歯科でガミー改善

矯正歯科でガミースマイル改善

矯正歯科でガミースマイルを改善

矯正歯科の分野でガミースマイルと呼ばれている症状があり、これは笑うと歯茎が出るという状態のことです。そのようになる主な原因としては、骨格や歯によるものや上唇によるもの、歯茎によるものに分かれます。でもその中で一番多いのは骨格や歯によるものです。そのような状態に対する矯正歯科の改善策としては、冠長延長術と呼ばれるものはガミースマイルの他に歯並びも一緒に治すことができる方法や、粘膜切除術と呼ばれるやり方は歯並びがきれいな人におすすめな方法で、上顎骨削り術は上顎の突出による出っ歯の人や横顔等の顔の感じを変えたい人におすすめな方法の3つがあります。

ガミースマイルは治療により治す

ガミースマイルとは笑ったときに歯茎が大きく見える状態を言います。一般的に笑った表情の良し悪しは歯茎の見え方も大きく関係してきます。笑ったときに歯茎が見えすぎると無意識のうちに抑制してしまうことが多いようです。原因は上顎の骨の過成長、上唇が短かったり、歯茎の粘膜の伸びすぎ、顔面筋肉の動き方など様々です。治療には対症療法と根本治療があります。根本治療には外科手術により粘膜、筋肉、骨の調整をするなど、その他矯正歯科で歯列矯正を行います。また、対症療法としては美容外科でポトックスを注入します。これは過剰な筋肉の活動を抑える働きがあり、笑って口を大きく開いたときに歯茎が見えすぎるのを抑制しますが、効果は半年程度しか続きません。矯正歯科を受診しどのような対処がよいか相談してみるのがよいでしょう。

↑PAGE TOP